• sarasvati1123

第五番地蔵院

四国八十八所5番札所

無尽山 壮厳院 地蔵寺

「ムジンザン シヨウゴンイン ジソウジ」創建は、弘仁12年「821年」です。

嵯峨天皇の勅願によって弘法大師が開創しました。

お大師様が刻んだ勝軍地蔵菩薩「5センチ位」一寸八分甲冑を、身につけ馬に跨った勇ましい姿です。地蔵菩薩様としては珍しいお姿をしております。御本尊として安置して天皇三代「淳和天皇、仁明天皇」に、篤く帰えされました。

その後一尺七寸の「約51センチ位」阿の権現の導師をしていた、浄函上人が延命地蔵を掘り、その体内にお大師様が彫られた勝軍地蔵菩薩様をおさめました。寺は源氏をはじめ多くの武将、阿波の蜂須賀家に信仰され、広大な土地を有するようになりました。しかし、天正年間 長宗我部元親の兵火により廃墟になりましたが、歴代の住職や、僧侶や信者さんたちの尽力により整備されていきました。

ですから、今でも、40000平方メールに及んでおります。

この寺は、1200年の昔から

法灯が連綿として受け継がれてきた真言宗の古刹です。

では、いつもの様にお参りさせていただきます。と挨拶をしてお寺に入っていきます。

小さな平石が敷き詰められた先に山門がみえてきます。

仁王門をくぐるとここに大きな、銀杏の木が見えてきます。クリスマスの時にスポットライトが当たると素晴らしいです。

うーんと唸りたくなります。

是非、読んでくださっている方にもご覧いただきたいです。

この寺は武将の寄進が多く一時期は、阿波、讃岐、伊予も3カ国にも及び末寺が三百を超え塔頭二十六の寺に登ったと伝えられております

山門は、三間一戸で切妻造、桟瓦、両側に二天像を、配置してます。

山門から入って左側に澄んだ音色が響いてきます。

江戸時代の音響機器ですね。

二ヶ所あるのもこの寺の特徴です。

耳を澄ましてきいてみてくださいね。



江戸時代の音楽を聴いた後は、五百羅漢さんのある奥の院へ行って見ましょう。

本堂の裏の石段を登って向かいます。石段から見下ろす景色も素敵です。この字型をした羅漢堂があります。現在あるものは、200体ぐらいです。笑ったり、泣いたり、怒ったり羅漢様は、仏様ではありませんから、いろいろな表情をしております。

一体一体とても人間的で身近に感じられます。羅漢様とは、お釈迦様のお弟子さんです。仏道修行で阿羅漢果と言う最高の地位を得た方を言います。ちなみに自分とご縁のあった故人の姿が見つかるとも言われております。拝観料200円で、ご縁のある方を探して見ませんか?!

また、伝統工芸の体験できる施設もあります。正阿波藍染の体験も、800円から体験できます。興味のあるかたは、体験してみてくださいね。藍染は、消毒と浄化効果があるらしいですよ!


ここのご縁歌に少し触れますね。

六道の、脳化の地蔵大菩薩導きたまえこの世後の世

意味は、

六道とは、仏教において衆生が、その行の結果として輪廻転生する六種の世界「あるいは生涯」、のことを表します。

天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道があります。

脳化とは、指導者、先生師範のような存在のことを表します。この世もあの世も、輪廻転生する際に、幸せな世界に導いてください。

最後に、手作りの和三盆を、買ってお口入れて、自然に口の中で溶けていく、上品な味は最高です。お参りさせていただきありがとうございますとお礼を言って次の札所にむかいます。

愛媛県松山市立花の開運占いサラスヴァティ(sarasvati)

閲覧数:127回0件のコメント

最新記事

すべて表示