• sarasvati1123

お大師様と弁天様の関係2

高野山に戻られた空海様は、杉木立の茂所に、その宝珠を埋めて、弁財天さんを、祀り込みます。特別大きな杉が自生している場所をえらばれたようです。その杉は、岳の一本杉と呼ばれていて、ここは、妙音坊「ミヨウオンボウ」と呼ばれる天狗さんが住んで守られていたようです。この弁財天さんをこの天狗さんがずつと守り続けているようです。江戸時代を境に高野山の人々また近所の方々により弁財天講が、結成されたて、今に至っております。

本殿は、覆(オオイヤ)風の小さな社殿です。灯明(ローソク🕯)を灯せる台が設置されています。どこか神仏習合時代のな残りを感じます。

お待たせいたしました。岳弁財天さんのお姿は、3番の宇賀神弁財天です。神仏習合ですからそうなります、

大門の入り口から登って行くと、鳥居が⛩社殿より前方にたくさん並んでおります。よく稲荷神社にあるような、千本鳥居を⛩くぐって上まで上がっていきます。

上の社殿に着いたら弁財天さんが祀られておりますが、ここでクイズです。嶽弁財天さんは、どの弁財天さんでしようか?

次の三つうちから選んでください。


1)ハツビベンザイテンサマ

2)弁才天様

3)宇賀神弁財天様


どの方でしょう?

正解は、次の回にします。

松山市立花の開運占いサラスヴァティ(SARASVATI)



閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示